エソラゴト

 
  Unityゲーム制作(1)-キャラクターと移動- – エソラゴト

Unityゲーム制作(1)-キャラクターと移動-

2Dアクションを作る

前書き

しばらく創作意欲というものがなかったのですが、最近になってUnityでのゲーム制作に取り組んでいます。モチベーションはかなり低いので、とりあえず秋頃までに遊べるレベルのものを作り、フリーゲームとして投稿できればなと思います。
とはいえプログラミングはトーシロなので、本やネットでいろはを学びながらの制作になります。
技術的な知見を得られるブログにはならないと思うのでそのあたりはご勘弁を。



今回の目標

今回の目標は以下の三つです
・作りたいものを決める
・キャラクターを作る
・キャラクターを動かす

まずは作りたいものを考えます。
Unityは3Dゲームの作成が主流のようです。自分が最近やったゲームだとOvercookedがUnityで制作されていました。あとエヴァのスタッフロールでUnityのロゴが流れてきたときは驚きましたね。
CGを使った作品との相性の良いUnityですが、今回は2Dのアクションゲームを作りたいなと思います。

さらにテーマや詳しいジャンルを決めていきます。
2Dアクションといっても、ゴールを目指すものなのか、ひたすらスコアを伸ばすものなのか、色々あると思います。
今回は以下のようにしたいと思います。
ジャンル:ディフェンスゲーム
テーマ :サイバー

ipad買ってから全然使ってなかったので使ってみました

字が汚くてすみません。
本当は初心者ならもっと簡単なものから作るべきだと思うのですが、訳あってこれを目指してみます。
(無理だと思ったら簡単なものを作ればいいかなと)

キャラクラーを作る

さて、大まかなテーマも決まったところでキャラクターの制作をしていきます。
まずはプレイヤーとなるキャラクターの絵を描きます。

色々参考に、サイバーっぽいイメージで描いてみました。SFよりもライトな「電脳世界」って感じです。

残念ながら絵も一年に1、2回書くことがあるかなので、このレベルです。ipadで描いてみました。

肩のやつがマサルさんのアレを彷彿させる。


なんとか完成しました、これからよろしく!
さらにキャラクターの移動モーションやジャンプの絵も描いていきます。

移動

ジャンプ

ダメージ

顔や体は書き直さず、手足のみ書き直すことでアニメーションにしたとき位置がずれるのを防いでます。
普段から絵を描く人には耐え難い部分も多いでしょうが・・・個人的には結構頑張りました。
全部で大体10枚くらい描きました。(これだけでもう数日かかっています・・・)

キャラクターを動かす

では実際に作成したキャラクターをUnity上で動かしてみます。
Scriptは本で学んだものを応用しているので、今回はコードとかは載せないです。
(きになる人は本を買ってね)

☆全体画面

☆ゲーム画面

まずは移動とジャンプの行動ができるようにしてみます。
UnityにはInput.Managerという便利なものがあって、Inputクラスに指定されている特定の文言を使用すると、対応したキーを押すことで対応した値を返してくれます。
今回は←と→のキーで左右の移動、またスペースを押すことでジャンプするようにしています。
さあうまく動いてくれるかな?

う、動くぞ・・・!

無事動いてくれましたね。
とりあえず今回の目標は達成できたので良しとします!

今回はここまで。なんとか次も失踪せずに更新できたらなと思います。
それではまた次回〜



エソラ「ヒトコト」

ゴジラS.Pが面白い